顔を触る人

手術成功の条件 

レディ

失敗しないための注意点

いぼというのは切除さえしてしまえばすぐに治ってしまうものであり、あまり長期にわたって悩み続けるようなものではありません。放置しても決して良くなることはなく、むしろいぼがあることによるストレスが蓄積して別のトラブルが生じることも十分あり得るのです。しかしいぼを切除することだけを考えて駅前などにある美容整形外科に行くことはお勧めできないので、まずは皮膚科に相談するようにしましょう。いぼに関するトラブルの多くはその治療法を間違ってしまったためにおこる後遺症であり、傷跡と痛みが根強く残ってしまうことがあります。そうならないためにはまずウイルス性であるか否か、そしてそのまま皮膚科で切除しても傷跡が残らないのかを調べなくてはならないのです。外側に出っ張った場合は意外なことに医療用のはさみで切除できることもあり、その場合はもうその日のうちに治療は完了することになります。内側に食い込んでいるいぼの場合でも液体窒素で固めてポロリととる方法もあり、悩んだわりに簡単に治療できることも多くあるのです。こういったケースがあるのでまずはかかりつけの皮膚科に行ってみてもらい、決して素人判断はしないように心がけましょう。美容整形外科のほうが傷跡が目立たないというのは事実ですが、そういった場合でも皮膚科に紹介されてきたのかどうかで対処が全く異なります。特に紹介される病院であるという事実が重要であり、これによって変な病院に引っかかって費用を多めに取られる心配もなくなるのです。炭酸ガスレーザーという器具を使った治療は傷跡を残さないという点で優れていますが、保険の適用外であるために多額の費用が掛かります。大したことのないいぼであるのにはさみなどで切除せず、炭酸ガスレーザーを使うような病院は避けるべきなのです。いぼの治療というのは人生であまりないので戸惑ってしまいますが、まず皮膚科に行くという順番を守れば失敗する心配はありません。納得できる治療を行い、気を付けて病院を選ぶようにすれば寝るときや入浴時に気になるいぼはきれいに消すことができるでしょう。