顔を触る人

皮膚の隆起の原因とは

医師

気になったら診察を

いぼはいったんできると増えると言われますが、これは傷口などから入り込んだウイルスの増殖などが原因で起こります。しかし良性のものならできても心配はありません。ウイルス性のいぼはヒトパピローマウイルスというもので、足の裏や指の間など角質の多い部分に好んでいぼをつくります。良性のいぼは洋服などの摩擦によってできる場合があります。また体質や遺伝などによってできるいぼも良性で、放置しておけば自然に消えることもあります。加齢が原因でできる老人性いぼは茶色いシミのような形で現れることもあります。これも良性なのでできても体に影響を及ぼすことはありません。しかしこの場合は皮膚の老化によっていぼができやすくなってしまうため大きくなったり、増加するケースもよく見られます。切除は皮膚科で簡単にすることができますが、自分でハサミを使って切り取ってしまう人もいます。しかしこれは危険で、場合によっては痕が残ってしまうこともあるので医師に任せたほうが安心です。いぼだと考えていたら悪性腫瘍だったという場合もあり、気になったら早めに診察を受け受けることが大事です。これにより早期に病気を発見することができ、すぐに治療を開始すれば完治も早くなります。いぼの切除の方法で皮膚科で一般的に行われているのは液体窒素を使った治療法です。これは一回の治療で大きないぼを切除できるメリットがありますが色素沈着によるシミが残ることがあります。美容皮膚科で切除をすればアフターケアも万全なのでシミが残るようなことはありません。また炭酸ガスレーザーによる治療法もありますが、これは皮膚科によって設備していないところもあります。しかし美容皮膚科ならほとんどの場合設備しています。炭酸ガスレーザーは切除後のシミなどが残りにくく、大きなものだけなく小さなイボもキレイに取れます。ただ一つ一つレーザーをあてていくのでたくさんある場合は時間がかかるため数回に分けて治療を行うことになります。そのためクリニックを選ぶ場合は通院しやすい場所にあるところを選ぶことも大事です。